田我流のプロフィール紹介|長いラップ人生を生い立ちから徹底解説

日本で1番チルい曲とも言われる楽曲「ゆれる」で知られるラッパー田我流

2011年に公開された映画『サウダーヂ』で役者デビューしたことでも知られています。

ラッパーに役者、自身を表現することに挑戦し続けている田我流。直近では、11月に日比谷公園音楽堂のワンマンライブのチケットが完売するなどファンからの人気も絶大です。

そんな田我流のラッパー人生を生い立ちから紐解いていけば、これからの田我流のラップがもっと楽しくなること間違いなし!では早速Check it out!
 

pucho henza

「田我流は〇〇を楽しむことで長く続けてこられた」

目次

田我流のプロフィール

アーティスト名田我流
本名田村 隆
年齢41歳(1982年生まれ)
身長 
出身地山梨県一宮町(現:笛吹市)
拠点(レペゼン)
学歴アメリカ・ニューヨーク州留学
所属レーベルBACK CITY BLUES

wikipediaでは更新されていませんが、2022年6月にMari Joy Recordsから独立し、自身のレーベル“BACK CITY BLUE”を立ち上げました。

レーベル名は田我流がラップを始めるきっかけとなったYOU THE ROCK★の名曲のタイトルを起用しています。

田我流のラップスタイル

田我流のラップは、アッパーな楽曲から叙情的な楽曲まで、幅広く乗りこなす作詞力が魅力です。

世の中に対しての自虐とユーモアを交えたリリックと力強く畳み掛けるラップは、ライブではさらに引き立ち会場を盛り上げます。人や自然の持つ艶かしい瞬間を歌詞に取り入れ、最近ではクラシックなビートに乗せて楽曲制作をしています。

田我流の名前の由来

よく「だがりゅう」と呼ばれることがありますが、田我流の読み方は「でんがりゅう」と読みます。

「田地を流れる我が心」というステージネームは、山梨県の田舎町で生まれ育った環境にマッチした名前とも言えます。

田舎から始まる田我流の人生

幼少期〜小学生時代

山梨県一宮町で生まれる
親の膝の上でレコードを聞いて音楽に触れる

中学時代

ラップを聴き始める

高校時代

「さんぴんCAMP」の出演者に衝撃を受け、リリックを書き始める

大学時代 

アメリカ・ニューヨーク州に留学
ひとりの黒人少年との出会いによって再びリリックを書き始める

ラップグループ結成

地元の幼馴染と「stillichimiya」というラップグループを結成
クルー活動と並行してソロMCとしても活動

現在

山梨県一宮町に生まれる

父親は甲府の広告代理店勤務、母親は専業主婦という周囲の農家ばかりの環境からすると異質な家庭でした。

もともと、畑があり桃やブドウも作っていたところ、祖父が畑を潰して囲碁場を建て大失敗。酒癖の悪かった祖父は、近所の人から『またアンタんところのオトンがつぶれてるから迎えに来て』と言われるほどでした。それを見て育った父親は相当苦労したそうです。

アメリカへ留学

アメリカのニューヨーク州に2年間留学します。

アメリカでは、HIPHOPの他にさまざまな音楽に影響を受け、帰国後に地元の幼馴染と「stillichimiya」というラップグループを結成。ラッパーとして本格的に活動していきます。

2008年1stソロアルバム『作品集〜JUST〜』リリース

田我流として初のソロアルバム『作品集〜JUST〜』がstillichimiyaのフルサポートを受けてリリースされました。

一人の青年が、理想と現実の間で揺れ動くストレートな感情を、人間臭さたっぷりの表現で、音楽に生きることに真正面から向き合ってできた一枚です。

役者デビュー

2011年に公開された映画『サウダーヂ』で主演を務めた田我流。役者デビューを果たし、ラップだけではなく表現者としての活動の幅を広げます。

舞台は田我流の生まれた山梨県で撮影され、シャッター街で唾を吐きフリースタイルラップを始める場面も観られます。

このシーンの撮影で渡されたラップ調のセリフを却下し、その場で生み出した自身のラップをしており、映像にもその緊迫感が現れています

映画公開後、2ndアルバム『B級映画のように』をリリースしました。

RedBullマイクリレー RASEN出場

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次