MACCHOのプロフィール紹介|レペゼン横浜の人生から最新の人気曲まで徹底解説

OZROSAURUSのリーダーとしての活躍など、言わずと知れた横浜のレジェンドラッパーMACCHO

「045レペゼン横浜」を高らかに掲げるMACCHOは、日本のHIPHOPに数え切れない功績を残し、ANARCHYをはじめとした数多くのラッパーへも影響を与え、現在も最前線で活躍しています。

ラッパーMACCHOはどのようなキャリアを歩んできたのでしょうか。
輝かしい実績の裏には、交通事故で生死を彷徨う経験、OZROSAURUSのメンバー変更などさまざまな逆境にも直面してきました。

この記事を読めばMACCHOのラップを今まで以上に楽しく聞けること間違いなしです!
 

pucho henza

「MACCHOは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

MACCHOのプロフィール

アーティスト名MACCHO
本名鈴木 麻超(すずき まさあき)※諸説あり
年齢45歳(1978年4月8日生まれ)
身長 推定170cm
出身地神奈川県横浜市
拠点(レペゼン)横浜市
学歴
所属レーベルMACCHO

MACCHOのラップスタイル

DS455の流派であるアメリカ西海岸のいわゆるウェストサイドスタイルに乗せているのがMACCHOのラップスタイルです。今では日本でも馴染んだウェストコーストサウンドを定着させたのがOZROSAURUS・MACCHOと言われています。

個性的な声に聴きやすいフロウ、そして記憶に残るリリックの多さが人々の心を掴み、一言でかっこいいと表現できる説明不要のラッパーと言えるでしょう。

また、当時では珍しかった地元横浜を前面的にレペゼンするスタイルを貫き、後に「045スタイル」と呼ばれる市外局番のパイオニアにもなりました。

MACCHOの名前の由来

MACCHO(マッチョ)という名前は本名である「麻超」に由来していると言われています。

ちなみに、OZROSAURUSの由来は「OZRO(オセロ・おじろ鷲)」+「SAURUS(さまざま単語を組み合わせた造語)」です。

横浜をレペゼンし続けたMACCHOの人生

幼少期〜小学生時代

横浜市で生まれ育ち、現在まで横浜を拠点に活動。

中学時代

14歳の時にDS455のKayzabroと出会いラッパーとしての道を歩み始める。

高校時代

ラッパーとしての知名度、人気を獲得し、テレビや雑誌に取り上げられる。
横浜市の武相高校に入学するもラップに専念するため中退。

デビュー

1996年にMACCHO、DJ TOMOでOZROSAURUS結成。翌年、ミニアルバム「ライムダーツ」でメジャーデビュー。
2001年に発表したフルアルバム「ROLLIN’045」が売上枚数8万枚を超える大ヒットを記録する。

ソロとしての活動~OZROSAURUSの変化

2ndアルバム「JUICE」を発表した直後の2003年にMACCHOが交通事故に遭い重体を負う。
奇跡的に生還し、事故の経験をもとにした楽曲「The Phoenix (will rise)」で完全復活を宣言する。

ソロとしての活動~OZROSAURUSの変化

方向性の違いから2004年にDJ TOMOが脱退し、MACCHO 1人でOZROSAURUSを続けることになる。
2011年にDJ SN-Z、2015年4人が加入し、6人組のバンドグループとして活動を始める。
2015年にZeebraの率いるレーベル「GRAND MASTER」に所属も、その後公式発表なく脱退

現在

DS455のKayzabroと出会いラップを始める

DS455(横浜のヒップホップクルー)のKayzabroと出会い彼からラップを勧められたことが、MACCHOがラップを始めるきっかけでした。

14歳でラッパーとなったMACCHOは、瞬く間に頭角を現しすぐにDS455に加入し、本格的に活動していきます。

高校時代の躍動

https://twitter.com/sakuma_friends/status/1236724036949790720?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1236724036949790720%7Ctwgr%5Eaf4234acecc1fe58c07253c908e8bfb8f2239a1b%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.xn--rap-s08fl0dtz6h.xyz%2Fe38090macchoe38091e6a8aae6b59ce381aee382b9e382bfe383bcozrosauruse381aee383a9e38383e38391e383bce381aee38397e383ade38395e382a3e383bce383ab%2F

MACCHOは高校時代から既に大物の風格が漂わせており、テレビや雑誌などメディアに取り上げられ知名度・人気を獲得します。

なお、横浜の武相高校に入学するもラッパーに専念するために16歳で中退しました。

そして、17歳でコンピレーション・アルバム「CLUB WILD.B」で「Nanatsuki」にソロ名義で参加し、活躍の幅を広げていきます。

OZROSAURUSを結成しメジャーデビューを果たす

1996年にバトルDJとして活動していたDJ TOMOと共にOZROSAURUSを結成し、翌年のミニアルバム「ライムダーツ」でメジャーデビューを果たします。

2001年にリリースしたフルアルバム「ROLLIN’045」が売上枚数8万枚を超える大ヒットを記録。

日本HIPHOPのクラシックとして歴史に名を刻み、MACCHOは多くのラッパーに影響を与えました。

交通事故に遭い生死を彷徨う

ラッパーとして順調なキャリアを歩んでいたMACCHOですが、2ndアルバム「JUICE」をリリースした直後の2003年に悲劇が訪れます。

バイクを運転していたMACCHOは不慮の交通事故に遭い、一時期は生死を彷徨うほどの重体負ってしまうのです。

この事故がMACCHOに与えた影響は大きく、後にインタビューでこのように語りました。

うん。あそこで終わっててもおかしくなかったわけだから。大人になった気はしますよ。責任感が増してきてる。俺はミュージシャンとしてメシを喰ってるんだから、それを貫き通すことができなければ他のこともやれるわけがない。

BARKS – OZROSAURUS、生死の境をさまよった交通事故から復活し、新レーベルで甦る!

交通事故からの復活~ソロとしての活動

交通事故から奇跡的に生還したMACCHOは、この交通事故をもとに生きることをテーマにした楽曲「The Phoenix (will rise)」で完全復活を果たしました。

しかし、この翌年には方向性の違いからDJ TOMOが脱退し、MACCHO 1人でOZROSAURUSを続けることになります。

さまざまな逆境に直面するも、2006年にリリースした 3rdアルバム『Rhyme&Blues』がBEST HIPHOP ALBUMに選出されるなど色褪せない活躍を続けます。

現在のOZROSAURUS

しばらく1人で活動したOZROSAURUSは、2011年にDJ SN-Z、2015年4人が加入し、6人組で新たな活動をスタートさせます。

また、同時にZeebraの率いるレーベル「GRAND MASTER」に所属も、その後公式発表なく脱退しています。

バンドグループと少し形態を変えつつも、現在も最前線で活躍しているのは皆さんの知っているところでしょう。

MACCHOの人気曲は?

MACCHOの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

MACCHOの人気曲①「AREA AREA」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次