Young Cocoのプロフィール紹介|生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説!

DJ KANJIの曲にYo-Seaとともに客演で参加した「22 VISION」や、
LEXを客演で迎えた「No Pressure!!!」が人気を博しているラッパーのYoung Coco

トラップを軸としている楽曲制作しているラッパーですが日本だけでなく台湾や韓国、中国などアジア圏で注目されているラッパーでもあります。

そんなYoung Cocoですが華々しい活躍の裏にはどのような経歴があったのでしょうか?
彼の経歴や現在に至るまでのストーリーを知ればよりヒップホップを好きになることは間違いなし!
それではCheck it out!
 

pucho henza

「Young Cocoは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

ラッパーYoung Cocoのプロフィ―ル

アーティスト名Young Coco
本名しゅうた
年齢27歳(1997年1月12日 生まれ)
身長 不明
出身地兵庫県西宮市
拠点(レペゼン)大阪
学歴高校卒業
所属レーベルHIBRID ENTERTAINMENT


Young Cocoは1997年に兵庫県西宮市で生まれ現在の年齢は26歳です。

現在は、大阪を中心として活動しています。

Young Cocoのラップスタイル

Young Cocoはトラップのビートに乗せて楽曲制作をすることが特徴です。

他のラッパーもトラップのビートに乗せて楽曲制作をすることが多いですがYoung Cocoはオートチューンにこだわり、メロディアスな歌い方で楽曲を制作するラップスタイルです。

Young Cocoの名前の由来

ラッパーであるYoung Cocoの名前の由来ですが、覚えやすさで決めたとインタビューで語っています。

女の子も男の子も「ココ」は呼びやすい名前だとしてYoung Cocoになったそうです。

確かに「ココ」は呼びやすいですし覚えやすいですよね!

音楽から始まるYoung Cocoの人生

幼少期〜小学生時代

兵庫県西宮市に生まれ育つ。
父親の影響で2~3歳でサーフィンを始めた。

中学時代

サッカー部に所属しサッカーをしていた。
WILYWNKAと出会いラップを始める。

高校時代

音楽に対して意欲がなくなる。
人に言えないような悪い仕事をするようになる。

デビュー

音楽配信サイトSoundCloudを通して名が知れ渡っていく。
HIBRID ENTERTAINMENTというレーベルに所属する。

現在

2~3歳でサーフィンを始める

ラッパーであるYoung Cocoは父親の影響でサーフィンを始めます。

スケボーに興味があったそうなのですがスケボーは頭を打つなどの危険があることから父親から禁止され、危険がスケボーに比べて少ないサーフィンを許可されました。

この頃から父親が流していたHIP HOPを聞き幼少期からYoung CocoはHIP HOPに触れていました。

中学でサッカー部に所属する

ラッパーであるYoung Cocoは中学時代サッカー部に所属しておりサッカーが大好きです。

HIP HOPを取り扱っているYouTubeチャンネルのニート東京のインタビューでYoung Cocoは「自分のことをサッカーと呼んでくれていい」と答えるくらいサッカーが大好きでみんなでチームを組んでサッカーをしたいと言うほどサッカーが大好きだそうです。

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次