ラッパーVaVaのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

ビートメイカー/DJとして活動をスタートさせ、BIMやKID FRESINO、kZmをはじめ、木村カエラやAIなど、多くのアーティストの楽曲をプロデュースするVaVa。

2023年4月には最新作EP「Love Less」を発表し、同作を掲げたワンマンライブを渋谷Spotify O-EASTにて開催し、成功を収めました。

そんな多才でクリエイティブなVaVaですが、成功の裏には様々な苦悩がありました。

彼の曲に対する思いや辿ってきた人生、学生時代やゲーム好きな一面など、経歴を紐解くことで彼ををもっと好きになること間違いナシ!それではさっそく見ていきましょう! 
 

pucho henza

「VaVaは◯◯を、△△で乗り越えた。」

目次

VaVaのプロフィール

アーティスト名VaVa(ヴァヴァ)
本名馬場貴大(ばば たかひろ)
年齢30歳(1993年1月5日 生まれ)
身長 
出身地東京都(杉並区在住)
拠点(レペゼン)
学歴大学卒(大学名や学部は不明)
所属レーベルSUMMIT


1993年に東京都で生まれたVaVa。現在は東京都杉並区を拠点に活動しています。
中・高一貫の男子校出身で、当時は内向的で引きこもりがちな高校生活を送っていました。

VaVaのラップスタイル

オートチューンを交えた、柔らかく親しみやすいトラックとラップが特徴です。

また、リリックには自身の弱さや優しさライフスタイルがありのままに表されており、共感しやすい点も人気のひとつです。

VaVaの名前の由来

VaVaの名前の由来は、シンプルに本名が馬場貴大(ばばたかひろ)であることから名付けられています。仲間内やファンからは「VaVa(ヴァヴァ)ちゃん」と呼ばれています。読み方は「ヴァヴァ」です。

tofubeatsの存在から始まるVaVaの人生

中学・高校時代

・中高一貫の男子校に通っていたが、スクールカーストに悩み、仲間にハブられ引きこもりがちになる
・高校時代にtofubeats主催のYouTube企画「HARDOFF BEATS」に感動し、本人に連絡。その返事が返ってきたことがきっかけにビートメイクを始める。

大学時代 

・大学時代のクラスメートに「気が合いそうだ」という理由だけで、当時高校生だったBIMとin-dを紹介される。
・2012年に公開されたTHEOTOGIBANASHI’SのMV「Pool」が話題を呼び、エンドロールに使用されたVavaの「Sauvage」も評価される。

デビュー前

・2013年に自身初のビートアルバム「Blue Popcorn」、2016年「Jonathan」をリリースし、プロデューサーとして参加したTHEOTOGIBANASHI’Sの2ndアルバム「BUSINESS CLASS」でも「Department」など、多くの楽曲を提供。
・2015年にBIM・OMSBらと出演したドキュメンタリー映画「THE COCKPIT」が渋谷ユーロスペースにて公開される。

2017年

・SUMMITのYouTubeに自身がラップする「low mind spaceship」のミュージックビデオを突如公開。
同年6月に全曲フルプロデュースの「low mind boi」をリリースし、SUMMITに所属。

現在

東京都杉並区に生まれる

1993年、東京都杉並区に生まれます。
中高は男子校に通うも、クラスに馴染めずカーストやいじめに悩みます。

そんな彼を救ったのが、ゲームと音楽でした。

Waka Flocka FlameAce HoodなどのハードなHIPHOPを聴いてる時間だけが
強くいられたと語っています。

水星を聞きラップに興味を持つ

HIPHOPを聴くことで強さをまとっていたVaVaですが、ある日tofubeatsの“水星 feat.オノマトペ大臣”に出会い、人生が変わります。

きっかけは、当時Ustreamで配信されていたSEX山口のDJ配信の中に“水星”が入っており「この曲、めっちゃいいな!」となったそう。

そこからtofubeatsのYouTube企画「HARD-OFF BEATS」にたどり着き、Twitterで本人に直接ダメもとでツイートしたら、丁寧な返事が返ってきて、一気に機材を買い揃えました。

大学でBIMとin-dに出会う

大学に入ると、クラスメートに「気が合いそうだから」という理由で突然BIMとin-dを紹介され、共に楽曲制作を始めます。

2012年にTHEOTOGIBANASHI’Sの「Pool」のミュージックビデオを公開し、エンドロールに使用されたVaVaの「Sauvage」は多くの話題を呼びました。翌年には自身の初となるビートアルバム「Blue Popcorn」が完成させ、イベントなどで限定販売されます。

また、この頃からCreativeDrugStoreの事務所で共同生活を送りながら共に制作を始め、BIM&VaVa名義で「SUMMER SELECTED」BIM,dooooと共に「創造的映像音楽」など多くの作品を制作し続けました。

また、2015年には映画『THE COCKPIT』に出演するなど、多才な一面も魅せています

「low mind spaceship」でラップデビュー

これまでは、トラックのみを制作していたVaVaですが、2017年からはラップも始めます。

制作に集中するため、CreativeDrugStoreの事務所を出て一旦実家に戻ったVaVaですが、ひとりになったら「自身が何も持っていない」と思い、ハードなHIPHOPを聴いていた頃の黒い自分に戻るため「low mind boi」を作ったと、後のインタビューで語っています。

CreativeDrugStoreとしても活動

その後もBIMやKID FRESINO、kzm等のラッパーをはじめ、木村カエラやAIなど多くのアーティストのリミックスを手がけるなど、様々な面で活躍し続けています。

また、CreativeDrugStoreというクルーを結成し、BIM、in-d、JUBEE、PalBedStockと楽曲制作をしています。

2023年12月にはTBSドラマ「天狗の台所」の劇伴を担当したことでも多くの話題を呼びました。

VaVaの人気曲は?

VaVaの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

VaVaの人気曲①「現実Feelin’ on my mind」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次