WILYWNKAのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

第7回高校生ラップ選手権で名を轟かせ、準優勝したラップスタア誕生Season1を機に頭角を現したラッパーのWILYWNKA

現在はANARCHYが設立した1% ONEPERCENTに所属し、シーンを引っ張る若手の代表格であり、大人気ユニットの変態紳士クラブの一員としても活躍中です。

そんなWILYWNKAですが、華々しい経歴の裏には様々な苦悩がありました。
彼の曲に込められた思いや、経歴を紐解くことでヒップホップをもっと楽しめること間違いなし!
それでは早速 Check it out!
 

pucho henza

WILYWNKAは◯◯を続け、△△を手にした。」

目次

WILYWNKAのプロフィール

アーティスト名WILYWNKA
本名井上貴吉
年齢26歳(1997年3月26日生まれ)
身長 推定172cm
出身地大阪府堺市
拠点(レペゼン)
学歴高校中退
所属レーベル1% ONEPERCENT

WILYWNKAのラップスタイル

自身の過去を昇華した完成度の高いリリックを、独特のグルーヴ感を持った個性的なフロウに乗せたラップがWILYWNKAのスタイルです。

シリアス・脱力系・下ネタなど幅広いジャンルでラップでき、枠にとらわれない自由さもあります。

一二三屋やラップ始めたため、基礎部分がしっかりしていながら、時折見せる遊び心でオリジナリティも感じさせてくれます。

WILYWNKAの名前の由来

WILYWNKAは「ウィリーウォンカ」と読みます。

世界的に大ヒットした映画・チャーリーとチョコレート工場の主人公と同名ですが、本人は言及していないため、関連性は不明です。

また、ラッパーを始めた時は「TAKA」、途中で「Willy Wonka a.k.a TAKA」への改名を経て、現在の「WILYWNKA」になりました。

そのため、主に大阪を拠点にしている古い付き合いの先輩・仲間からは「TAKA」と呼ばれています。

m-floから始まるWILYWNKAの人生

幼少期~小学時代

・大阪府堺市で生まれ育つ。
・小学生の頃に母親が聴いていたm-floでラップに出会う。
・小学4年生の時にCHEHONらジャパニーズレゲエにハマる。

中学時代~高校時代

・スケートボードにハマったのがきっかけでHIPHOPも聴くようになる。
・一二三屋でラッパーのHIDADDYと出会い、自身でもラップを始める。
・高校に進学も中退するが、高校生ラップ選手権の出場で徐々に名前が知られる。

ラッパーデビュー

・2015年にミックステープ「FLY KICKS」で初の音源リリース。
・2017年に変態紳士クラブを結成し、同ユニットで1st EP「ZIP ROCK STAR」をリリース。
・2018年にラップスタア誕生で準優勝、レーベル1% ONEPERCENTと契約。
・2018年1stシングル「Rapper’s Flow」のリリースでソロデビュー。

1% ONEPERCENTと契約

・2018年に1stアルバム「SACULA」をリリース。
・2019年に2ndアルバム「PAUSE」をリリース。
・2020年に変態紳士クラブとして「DOWN」でメジャーリリース、2022年に武道館でライブ。
・2022年に3rdアルバム「COUNTER」をリリース。

現在

青春とは無縁に過ごした少年時代

大阪府堺市で生まれたWILYWNKAは、比較的裕福な家庭で育ちました。

母親が聴いていたm-floがラップとの出会いで、家族で行ったカラオケではVERBALのパートを歌っていたそうです。

小学4年生になるとCHEHONらのジャパニーズレゲエを必聴するようになります。

そして中学生の頃には、スケートボードにハマったのがきっかけでHIPHOPも聴き始め、どんどんハマっていきます。

こうやって書くとWILYWNKAは楽しい人生を歩んできたように見えますが、徐々に学校には行かなくなりキラキラした青春時代とは無縁でした。

HIDADDYと出会いラップを始める

WILYWNKAは、ある日買い物をした店のスタッフから韻踏合組合のフライヤーを渡され、興味を持ちます。

その後、一二三屋でHIDADDYと出会い、ラップを勧められリリック帳やインストCDを受け取ったのが、ラッパーとしての始まりです。

HIPHOPにどんどんとのめり込んでいく一方で、生活はすさんでいき高校を中退しました。

WILYWNKAは、「ただただHIP HOPに惚れて、ただただ好きなラップを続けてきたことは、僕の人生で唯一良かったこと。」と当時を回想しています。

高校生ラップ選手権でシーンから知られる存在に

関係者から勧められた高校生ラップ選手権に「Taka」として第1回から3回まで出場するも、結果は振るわずインパクトを残せませんでした。

WILYWNKAは、次第にプレッシャーにも押しつぶされていき、一時は表舞台から姿を消します。

しかし、HIDADDYらの支えもあり第7回大会でラッパー名を「Willy Wonka a.k.a TAKA」に改め、復活を果たします。

優勝には届かなかったものの、審査員を唸らせるパフォーマンスを見せました。

さらに、同年にミックステープ「FLY KICKS」で初の音源リリースし、シーンにその名が知られていきます。

ラップスタア誕生で準優勝を果たしスター街道へ

一二三屋で働きつつラップスキルを磨いていたWILYWNKAの人生を大きく動かしたのは、2017年に開催されたラップスタア誕生Season1の準優勝でした。

惜しくも優勝は逃しましたが、その実力が高く評価され、ANARCHYが設立したレーベル1% ONEPERCENTと契約を結びます。

このタイミングでラッパー名を現在の「WILYWNKA」に改名し、1stシングル「Rapper’s Flow」のリリースでソロデビュー。

2018年には、1stアルバム「SACULA」、2019年に2ndアルバム「PAUSE」をリリースのほか、他ラッパーとも積極的に共演し、シーンに欠かせない存在になりました。

また、所属するユニットの変態紳士クラブのメンバーとしても、THE FIRST TAKEへの出演や武道館ライブなど精力的に活動しています。

WILYWNKAの人気曲は?

WILYWNKAの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

WILYWNKAの人気曲①「That’s Me (Prod. DJ UPPERCUT)」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次